忍者ブログ
東京都杉並区の歴史
[29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 杉並区久我山1-3-2

  民間信仰石塔
 ここに建立されている石塔は、安永5年(1776)銘の庚申塔と享保15年(1730)銘の観音塔です。
 庚申信仰は「長生きするためには庚申の夜は身を慎しみ、諸善を行い、徹夜をすべきである」という中国の道教説から始まったようです。それが日本に伝わってからは、中世以降佛教や神道の振興と習合して庶民の間にひろまりました。江戸時代には、ここに見られるような青面金剛を本尊とした石塔を造立し悪疫退散、村内安全等の祈願を行うことが盛んになりました。
 この庚申塔は、この辺りが久我山村字原といわれた頃、当場所より少し西寄りの井ノ頭道の交差点に建立されたものです。ところが戦争中周辺が軍用地となり、塔の管理も十分に行われないまま放置されてきましたが、昭和52年(1977)1月地元有志者の奉仕により、この地に安置されました。
 なお、観音塔は昭和55年(1980)4月この近くで発見され、安置されたものです。この観音塔造立の目的は、刻字の一部が欠けているたま不明ですが、彫られている観音は如意輪観音で、衆生の欲望と万苦を救済する菩薩とされているものです。
 昭和56年(1981)2月15日 杉並区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性